GoodKeyWord!

Google マップ 機能や使い方まとめ

2018年04月19日 更新


Google マップとは

Google マップ(Google Maps、グーグル マップ)は、Googleがインターネットを通して提供している地図、ローカル(地域)検索サービスです。



サービスは、ウェブ版とアプリ版(モバイル向け)が提供されています。おおむねウェブ版とアプリ版では同等の機能が利用できますが、スペックや用途の違いを考慮して、細かい機能に違いがあります。例えばGoogleEarthモード(3D)機能はアプリ版ではスペック不足となります。一方で、アプリ版では、カーナビ等のリアルタイムナビゲーション機能(Google マップナビ)が搭載されています。またGoogle Nowとの連携、音声での検索、店舗や施設を検索して直接電話をかける機能あります。

ここでは各GoogleMapの機能についてご紹介します。

どんな機能があるの?



地図ダウンロード

インターネット接続が遅い、モバイルデータ通信が高額になる、インターネットが利用できないといった状況に備えて、Google マップからスマートフォンやタブレットにエリアを保存しておいて、オフラインで使用することができます。

1.Android スマートフォンまたはタブレットで Google マップ アプリを開きます。
2.インターネットに接続している状態で Google マップにログインします。
3.場所を検索します(例: サンフランシスコ)。
4.画面の下に表示される場所の名前または住所 次へ [ダウンロード]をタップします。レストランなどの場所を検索した場合は、その他アイコン[オフライン マップをダウンロード] をタップします。

Earthビュー(3D/立体)

Googleマップを表示すると最初に地図ビューが表示されています。地図ビューでは地図の情報を2Dの画像で表示していますが、Earthビューに切り替えることで3Dでの画像表示や航空写真での地図表示を行うことができます。

さらにフル3Dモードというモードもあり、「Ctrl」キーを押しながら地図上でマウスをドラッグしてぐりぐり動かすと、いままでは固定の角度で回転したり傾斜させてきましたが、フル3Dモードでは任意の角度で動かすことができます。

緯度経度検索

Googleマップでは、以下の形式で検索可能です。
  • 度分秒(DMS): 41°24’12.2″N 2°10’26.5″E
  • 度分(DMM): 41 24.2028, 2 10.4418
  • 度(DD): 41.40338, 2.17403
また特定の場所の緯度経度を知りたい場合には、目的地の場所で右クリックをし、「この場所について」をクリックすると、画面の一番下に緯度経度が表示されます。



ナビ

ナビ機能は、アプリ版にのみ搭載された機能です。位置情報などを使って現在地や交通状況をリアルタイムに把握しナビゲーションしてくれるもので、音声ガイドも付いています。すべての機能は無料で提供されており、手持ちのスマホを無料カーナビとして早変わりさせてくれます。

 

%d bloggers like this: