はじめまして!地方在住20代OLの銀行辞めるまでを書きます!

Page breadcrumbsEnd of page breadcrumbs

はじめましてみきゃんと申します。

地方在住で現在20代後半です。

大学卒業後、地元の銀行に就職。これ以上銀行で働くことに限界を感じて退職しました。

今は退職し、銀行員時代とは打って変わり地元の企業の事務員としてのんびりと過ごしています。

このブログではわたしがなぜ銀行を辞めたのか、ほぼ銀行の愚痴になってしまいますが吐き出したいと思っています。あまり役には立たないと思いますが、暇つぶしにでも読んで頂けたら幸いです(*^_^*)

経歴を少しだけ紹介します。

1年目:支店に配属。半年ほど出納係として後方事務を教えてもらいました。

2年目:転勤。窓口のテラーとして支店に配属。

3年目:転勤。テラーとして支店に配属。

3年目を迎えた時に限界を感じ、12月に退職の相談をして、5月にやっと退職することができました。

異動が多かったため、たくさんの人と関わることができました。

銀行は異動の多い職場であり、嫌いな人がいたとしてもいずれ自分か相手が異動になるんだからそれまで我慢しよう~と言われています。
これって逆に好きな人も異動したり自分も異動になったりしてしまうんですよね(;ω;)

わたしが銀行員時代に苦労したのは人間関係です。

窓口はどこの支店でも同じ仕事なので、一緒に働く人との関係で楽しいものにも、恐ろしいものにも変わります。
営業や融資などの仕事に関してはわかりませんが、窓口に関しは、絶対に一番重要なのは人間関係だとわたしは断言できます!

どの支店にも必ず存在する「お局」さま。このお局は銀行ではものすごい権力を持っており、下手をしたら支店長より偉いんじゃないか?と錯覚するほどのお局もいます。
銀行の取り扱いは複雑なものもあり、説明を読んでいるだけでは良く分からないものがたくさんあります。この時に、支店にいるお局にやり方を聞かなくてはならない。
そしてお局はお局同士でものすごいコミュニティーを持っているので、何かやらかすとあっという間に支店間に広まっていきます。
こうやってお局は自分の気に入らない子を排除しどんどん力を持っていくのでしょうか・・・

愚痴を書きはじめたら長くなってしまいそうなので、また今度人間関係について詳しく書いていきたいと思います!

コメントを残す